スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何だか冬に逆戻り

2011.02.26 09:46|日記

せっかく春らしくなってきたのに夕べは雪。
13センチくらい積もったかな。寒いし。
でも、ようやく晴れてきました。気温上がるかな。

実家から帰ってすぐに仕事。
この年齢には少々こたえます、、、
実家に一人残った父
「今度いつ来る?」
何だかかわいそうになって
「再来週にまた来るね」
行けるかな、、、、。
3月の4週目には次男君の卒業式だし。

結構ハード。

まあいいか、行けるときに何度も行ってあげましょう。
父も心細いお年頃なんだね。

疲れているせいか読書が進みません。
気持も落ち着いてないと
本を開く気にさえならないもんです。
手元には
「苦役列車」「きことは」
あるんですけど。

4月からの就職を控えた次男君、
長い休みを満喫してくれ。
これが最後だよ、子ども気分は、、、。
長男君は年に1〜2回帰って来るのが
やっとだもんね。

子育て終了。
寂しいな。
浪人、留年  すればよかったのに

スポンサーサイト

人間だもの

2011.02.22 22:29|日記

今、有楽町の「東京国際フォーラム」で相田みつをと
星野富広展が開催されています。
行ってきましたよ。
実家からは有楽町線一本で行けてとっても便利
会場もとっても分かりやすくて助かりました。
無料招待券があって、一枚で2名使えるので
86歳の父と行ってきました。

平日の昼間だというのに
結構な人出でびっくり。
90%以上が女性です。

以前に星野さんの作品は見たことがあったんですが、
新作もたくさん登場してて見ごたえがありました。
見るのは初めてという父はそりゃあもう
感動、感動、感動。
今は亡き相田みつをさんと同じ年の父。
これまた、感動しきり。

家でぐずぐずしてないで、
いろんなところに行ってみるもんですね。

地上で屋台のオムライスを父と仲良く食べて
帰宅しました。
「有楽町なんて何年ぶりだろう」と父。
いい冥土の土産になったかな?うふふ。
プチ親孝行。

さて、明日は長野県最北端に帰ります。
次男君の運転で。らっくち〜ん!



 

いいお天気。

2011.02.20 12:44|日記
やっぱり2月も半ば過ぎると春めいてきます。
まだ雪はたっぷりあるけど、日差しがね。

もうそろそろ禁煙生活も6カ月。
すっかり忘れていたのですけど、、、。
ゆうべ、外で歩きたばこの人とすれ違ったんですね、
そしたら〜、そのタバコの煙がなんともいいんですよ〜。
思わず深呼吸してしまった、、、。
ダメな私。

禁煙生活20年以上の人に言わせると、
「タバコの煙が心底いやになってこそ脱煙」
らしいです。
まだまだですわ。

知り合いの人で、4年間禁煙してたのに
また、喫煙者になってしまった人がいます。
聞けば、その前にも3年間禁煙してたって!
なんてこった。
禁煙が趣味みたいなもんだな。

去年のタバコ値上げの時、「禁煙外来」なるものが
結構話題になり、予約でいっぱいとかいってたけど。
その「患者」達は一体どうしたんでしょうね?
後日談ぜひ知りたいですね。
どこかのワイドショーで特集してくれないかな。
まさか全員が禁煙に成功したとは思えないけど。

「禁煙して後悔した人はいない」
ってポスターのコピーに書いてあったけど
「そのとおり!」って思うよ。

ただ、増え続ける体重だけはなんとも、、、。

そうそう、明日また埼玉最南端に行きます。
庭にはどんな花が咲いていることでしょう。
ちょこっと楽しみです

美術鑑賞

2011.02.19 13:09|日記

図書室におそらくこの10年間以上
だれも手に取らなかったであろう絵画の本。
ラベルの張り替えのため開いてみました。
だれもが一度は目にした事のある絵画に
その画家のエピソードやら人となりが添えられています。

今まで興味がなかった、例えばスラー。
のっぺりとした印象しかなかったけど、違うんです。
計算されたデッサンであり、彼の性格であり。

名前しか知らなかったセザンヌ。
裕福な家庭に育った人物。
リンゴの静物画をたくさん残している。

南の島と言えばゴーギャン。
家族と訣別してまで拘った南の島。

ゴッホは画家としては
たった10年間だった。  

絵画の世界に一歩足を踏み入れてしまいました。
時間をかけてじっくりと鑑賞してみます。
読書として?
何だかクラッシク音楽を鑑賞するのと似てるな。
もう、新たな展開は期待できないんだけど、
そこには完成された物語が広がっているという点で。

トシしたんだな〜私も。
若いころには全く関心がなかった物に
心ひかれます。うそみたい。




ごはんぱん。

2011.02.13 12:21|日記

職場の友人に「ごはんぱん」を教えてもらった。
それがまた、柔らかくっておいしいんです。
「ゴパン」 byサンヨー 買うのやめちゃおうかな。
ホームベーカリーで作るんですが、小麦粉の分量を
少し減らして、代わりにご飯を入れるんです。

朝焼いたパンも普通お昼頃になると
フワフワってわけにはいかないでしょ。
ところが、ご飯を入れるとふわもっちりって感じ。
小麦粉も1キロで5きん作れちゃう。
余ったご飯は80グラムづつラップしておけば
なおさら便利です。

お得感たっぷり。
ここの所こればっかりです。

ところで明日はバレンタインデー
だれが考えたのか、いい迷惑。
友チョコだ、義理チョコだ、いい加減にして!
真面目に告白する人だけのための
バレンタインデーにして下さい。
なんで私が夫にまで?冗談じゃない!
夫とは冷戦中!
冷戦じゃなくても上げるつもりはないけどね
50過ぎのおじさんおばさんが
何血迷ってバレンタインデーだって!

なんだか、バレンタインデーって言葉で
スイッチ入っちゃいました、、、。
大人げなくてすみません。

空は明るくなってきました。
冬型の天気図も長くは続かなくなってきましたね。
春はもうすぐです。

来週あたり実家に行こうかな。
父の好きな(私も好きな)お酒をもって。

今度はバスじゃなくて
パステル君で行けるかな〜








曇ってます、しかも寒い。

2011.02.12 12:55|日記

読書してます。
144回直木賞受賞、木内昇の
「漂砂のうたう」
良かったです。
時代の変化にどうしても馴染めない、
どうすべきだったのか思い悩む「元、武士」
廓の中で自分を押し殺して生きていくしかない状況。
そんな中での実の兄との出会い。
花魁の心意気。
不思議な結末。
どれをとっても新鮮でした。

そして、今読み始めたのは
大沢在昌の
「やぶへび」
ハードボイルドかと思いきや
伊坂幸太郎チックな感じの、サスペンス?
すらすらと読めちゃう。多分半日で完読〜。

今年は年間目標とかは立てません。
読みたい本だけをちびちびと読み漁りたい。
といいつつも、数に拘りたくなるんですよね。

次は道尾秀介の「月と蟹」読もう。
道尾秀介さんの作品は結構以前から好きで
「片目の猿」と「ソロモンの犬」はいい感じだなって思ってた。
だもんで、144回直木賞受賞はかなりうれしいなって。
次こそ、次こそって、頑張ってたもんね。
受賞後、気が抜けたりしないか心配。
余計なお世話だよね。

今日は朝からインスタントコーヒーをたくさん飲んでる。
5杯は飲みすぎですよね。

雪は降ってません。
でも、気温がね、、、。

今日も真冬日。








連休ですけど。

2011.02.11 08:50|日記

これといった予定もなく。退屈。

先月買ったipodはいい感じです。充電も結構持つ感じですし。
「しょぼい」と言われたりして少々さみしかったけど。

で、感じた事なんだけど
シャッフルで聞いていると、何だか同じ曲が短い間隔で
流れてくるということ。私のだけ?
調べてみましたが、やっぱりそういった傾向らしいですね。
やたらに「レミオロメン」の「スタンドバイミー」が聞けますよ
いいけど。
そのまま曲順に聞いていりゃあいいんだ。

何だか愛想のない黒いコードをカーステに差し込むと
パステル君でipod聞けるんだね。
雪片づけに来てくれてた次男君が教えてくれました。
CDよりいいや。
今度、実家に帰る時はそうしましょ。

iPOD?ipod?iPod?もう何でもいいや。
何だか投げやりな今日の私。



あまりにも、

2011.02.06 16:39|日記
話題がない。
寒いって話ばっかり。
話題の引き出し、小さいし少ない。

そう、何だか今日は沈んでます。
永田洋子死刑囚の死亡記事を読んだからかなあ。
別に連合赤軍とかに興味なんて全くないけど。
脳腫瘍だの、脳委縮だのって聞くと憂鬱になる。
65歳って、そんな風に死ぬのかな、、、。

永田洋子死刑囚は若いころバセだったって
結構有名な話なんだよね。
バセつながりもあって永田は私にとって印象的な人物
でもあるわけよ。

メルカゾールとかチラージンとかがない大昔
バセは不治の病だったと思う。
心臓バクバクで息はハアハアでそりゃあキツかったと
想像します。
永田死刑囚の時代にはもちろん
薬も手術もあったわけですけど。
何年も逃げ回っていたことを思うと、
かなり異常な状態だったんじゃないかな。

バセってね精神にも来るんだよね。
「症状精神病」っていうらしい。
幸いなことに、私は大丈夫ですが。

なんでも病気のせいにはしたくないけど
健康体にはわからないものです。

今日は落ち込むことばかりが多くて。
こんな日もあるよね。
豆まきで福を拾ってきたのに。
メルカゾール効きすぎてるかな。
そんな感じもする。参ったな。










ヘルプ!

2011.02.05 08:36|日記

SOS 屋根が悲鳴をあげてます。
で、次男君が来てくれました。埼玉最南端から。
雪国育ちの彼も、ここの寒さに「相変わらずさみ〜な。」久々だもんね。
連日の真冬日にあちこち凍ってる。
水道とか排水パイプとか。

でもやっぱり一番やばいのは、屋根。

今 夫さんが屋根に上がって雪をおろしています。
下では次男君が除雪機をあやつって排雪してます。

次男君は10歳のころから除雪機を操作しています。
もちろん初めは夫さんがつきっきりでコーチしてました。
そのうち、徐々にひとりで。
12歳のころには誰にも負けないオペレーターに!

雪の重みで押し入れの襖が開かない状態でしたが
ようやく開くでしょうね、、。
埼玉最南端で暮らしていたころには
雪国の生活がこんなに大変なものとは
しるよしもがな、、。

私の夢
「大きな病院が近くにあって、水道が凍る心配のない
小さなマンションに住むことです。」

買ってもいない宝くじに当たったらそうします。
宝くじ買おう。全てはそこから は・じ・ま・る。

ところで、1月13日のお昼頃のことでした。
携帯電話をバケツに落としてしまいました。
もちろんバケツには水が入ってました。
電源を入れたり切ったりせず良く乾かす。知ってたはず。
でもやっちゃいました。
保険に入っていたおかげで5250円で
「リニューアル」出来ました。
真っ白いS002 
S002に変える前の携帯からアドレス帳とかの
データを載せたので、ダメージは最小限でした。

古い携帯をとっておいて良かった!
貧乏性のおかげで助かりました。
携帯持って7年間、一度も壊したことなかったのにね、
今度こそ大切にしましょ。
5250円、私のお財布にはダメージ大きかった。

もうひとつ、お話を。
2月3日善光寺さんの「節分会」へ行って来ました。
もう5年連続。
ゲストは
中村雅俊・上村愛子・吉井小百合・山田邦子
お天気も良くて絶好の豆まき日和。
大勢のひとが撒かれる福豆に眼の色を変え
すごい、すごい。恐ろしい状態に。
豆まきが始まる前、
「世界平和を祈って」だとか
「他人を思いやって」だとか
坊さんのありがたいお話があったはず。
が、鬼は〜外!と始まったとたんに
他人を押しのけて たかが「福豆」を奪い合う、、、。
げにおそろしは、ひとのよく。
心の中に鬼を見ました。

人ごみから遠ざかり、夫の収穫を見て 唖然。
レジ袋に一杯の福豆。
なんて奴!鬼だ。
意外な夫の一面を発見しました。
そういえば毎年、私よりもたくさん拾ってはいたよな。
「コツをつかんだ」と夫。
コツだけじゃないな。

多分来年も「節分会」行きますよ。
ちなみに節分会と書いて せつぶんえ と読みます。
?知ってた、失礼いたしました。

今日はなんとなく晴れています。
気温は低めだけど。
曇っていてもいい、ゆきでもいい、
問題は気温です。気温が欲しい。
1℃でもいい、気温が欲しい、、、、、

















| 2011.02 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
プロフィール

ぐりぐら

Author:ぐりぐら
根性なしの私ですが
日々の記録として
綴ってまいります。

最新記事

カテゴリ

リンク

最新コメント

ブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。