スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病気の経緯を。

2014.02.22 13:14|日記
母の様子がなんだかおかしいと感じ始めたのが、10年くらい前。

家族にはわかりにくいことも加味してみれば、おそらくは12年は経っていたろう。

いろんな病院をめぐり、最終的にアルツハイマー病と診断されたのは7年前ってことだ。

簡単な問診だけで検討をつけ、脳のCTで確実にこの病気だと告げられた。

アルツハイマー病の進行を遅らせる薬を(アリセプト)処方されたが効果があると感じたことはない。


アリセプトだけでは収拾の付かない言動が表れ始めて、追加で処方されたのが向精神薬だった。

最初はリスパダール、つぎはジプレキサ、レスリン、セロクエルと続いた。

どんな薬か気になって、ぐぐってみると、、、鬱病や統合失調症の薬だと知り衝撃を受けた。

せっかく処方されたけど母の精神状態を良くしてくれる薬はなかったように思う。

問題行動は変わらなかったし、いつも不機嫌にしかめ顔だった。


下の世話の問題が出ると、もう家庭での介護は不可能になった。

そんな頃は次男くんが大学生で実家に居候して、実際の介護者は父一人だったから。

特養ホームに申し込んでいたが、順番待ちでいつになるのかわからない状態。

お金の問題じゃないねってことで、かかっていた病院に受け入れてもらった。

ここが一番高かった~~毎月かなりの額を支払っていた。介護ってお金よ!

ここには約1年半くらいだったかなぁ。。。有難いことに特養に入れることになったから。

特養ホームは安くて申し訳ないくらいだった。母の年金でお釣りが来るくらいだったから。


特養ホームで嚥下障害から呼吸が止まり、命は取り留めたものの胃ろうの身となり、特養ホームにはもどれなくなった。そう言う決まりだったから。

結局特養ホームへも1年半くらいだった。

その後は練馬区のS病院で3年を過ごし、この春にはK病院に転院となるわけ。。。


母がアルツハイマー病と診断されてから長野から毎月一度は実家である埼玉南部に通って、2年前には生活の拠点が埼玉南部となり、毎月長野へ通うことに。。


私ってこんなに親を見なくてはならなかった人だったのでしょうか、、

兄は母が入院してからは実家に毎月来るようになった。。。ズルいなあ。

母が在宅で向精神薬やら飲んでいる時なんかは二三ヶ月に一度くらいしか来なかったのにね。


実家にいた次男くんは祖父母の様子を見ながら家事を手伝ってくれた、、ありがたかった。

今でも次男くんには感謝している。




先日は母の誕生日だった、83歳の。。。

元気だった頃の母の思い出がどんどん無くなっていき、恨みがましい思い出ばかりが強くなる。


ご長寿バンザイって本気で思える人が羨ましい。




細かい感情やら書き出すとめちゃくちゃになる、だから書かないけど。。

母の誕生日に病気の経緯を思い出し、忘れないように書いておこうと思った。



にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
| 2014.02 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
プロフィール

ぐりぐら

Author:ぐりぐら
根性なしの私ですが
日々の記録として
綴ってまいります。

最新記事

カテゴリ

リンク

最新コメント

ブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。