スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院、手術、退院

2014.12.12 15:00|
人生何があるかわからない、一寸先は闇ってこともあるわけでして、、、


11月の終わり頃、右の目にちょっとした違和感を感じていた。

視界の一部にぼんやりする所がすこ〜しあったのよね、、、

ものもらいにしてはゴロゴロ感もないし、なんだろうと、、、

根っからの医者嫌いな私だけど、なんとなく気になって眼科を受診した。


というのも26年前夫さんは網膜剥離を患い、気を失うほど痛い手術を受けた。

「地獄を見てきた」という術後の第一声(名ゼリフ)をのたまった。

だから、目に関してはこれだけ時間が経過していても敏感なところがある。


駅前のビルの3階にある小さな眼科で診てもらった、、、

「あ〜、剥がれてるよ。紹介状を書くから直ぐ〇〇病院へ行って!」

ピンときた、、「網膜剥離ですか?」「そう!」・・・・・。

もうそのビルから飛び降りたくなったよ。


父を兄のところへお願いして、夫さんに来てもらい、四十九日の段取りの説明をして。。。。


頭はパニック。



大学病院って待ち時間が、、、すごく長い。

痛い手術を想像しては涙を流しながら、長いこと待った。

ようやく順番が来て、診察して、「明日の手術です」。。。


入院手続きのカウンターで手続きを、すると「20万円程かかります」と!

時代だね、ちゃんと金額を予告してくれるんだね。

金額と痛さへの不安でクラクラしちゃう。


不安いっぱいのまま準備された病室で一人待っていると、夫さんと長男くんがやってきた。

地獄で仏だ。

IMG_0214.jpg
こんなかんじの部屋


手術の説明を夫さんと受けることができた。

この手術を受けると白内障が進むとかで、その手術も合わせてやることに。

先生の説明では、痛いのは最初の注射だけみたいな感じで、「昔とは違いますよ」。

一抹の不安は残るものの、夫さんも「手術方法がオレの時とは全く違うから大丈夫だよ」と。


結果、痛いのは最初の注射だけだったよ。

あんなに恐れる必要は無かった、損したなあ。


IMG_0227.jpg

IMG_0221.jpg

後は上げ膳据え膳で夢の様な7日間。

スカイツリーが小さく見えるし富士山もよく見えた。

正面玄関前には

IMG_0225.jpg
イルミネーションも!

コレはさすがに見られないので、写真をとってもらってきたよ。




昨日退院。明細書には243.140円との金額が、、、じぇじぇじぇ。

まだ右目は水中の景色のように頼りない。

当分は自転車も車も恐ろしくて乗れない。



今日振替休日だった次男くんとお墓詣りしてきた。

四十九日に来られなかったからね、、、ごめんなさいね。


今月はもう長野に行けそうもない。

夫さん、ごめんね。




にほんブログ村 主婦日記ブ<br />ログ 50代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
| 2014.12 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ぐりぐら

Author:ぐりぐら
根性なしの私ですが
日々の記録として
綴ってまいります。

最新記事

カテゴリ

リンク

最新コメント

ブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。