スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうして泣けるんだろ。

2012.10.14 20:00|日記
今朝、早い時間からお葬式に行くために出かけていきました。

栃木県の一大観光地の方へ。

帰りのことを考えてJRを利用していってきました。

片道約3時間、、遠いわ。


予定の時間よりかなり早く到着して、叔母や従兄弟にお悔やみを、、、。

祭壇に叔父の写真を見ると「いい笑顔」の一枚が飾ってあります。

何十年も会っていなかったので写真を見ても思い出せないくらいです。


葬儀社のホールでのお葬式は段取りもよく、スムースに進行していきます。

そして、出棺の時がきました。

棺に釘を打ちつける儀式に至った時、、、突然泣けてきたんですよね。

数回しかあった事もなく、写真を見てもピンと来なかった叔父との別れが悲しいのか、
不思議な涙がぽろぽろと流れて、自分でも驚いたんです。



無意識に両親と重なったからでしょうか。

違うなあ〜。違う。

「こうして、この世と別れていくんだ。儚いものだなあ。生きる事が終わったんだ。」

そんな風に感じたように思います。


二度と会えない叔父に「お疲れさまでした、ごゆっくりお休みください。」とお別れしてきました。

残された叔母は、少々認知症が現れていて、、むなしい、、、

手のかかる夫を見送り、これから羽を伸ばせると言うのに。


まだ遠い先かもしれないし、すぐかもしれない自分の最後はどんなかな。

せめて夫をきちんと見送ってからがいいなって思った。先に逝った方が幸せだもの。

こんな事を考えた一日でした。私もトシしたなあ、、いやだ、いやだ、あ〜いやだ。



しんみりさせちゃったらごめんなさい。
おひとつポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

Re: No title

気がつかなかった、、、、
一緒ってこともないわけじゃないのよね。
それいいわ〜。

No title

セスナ機の事故で夫婦が一緒に亡くなったニュースを見て 母が「うらやましい」とつぶやいていました。
運命には逆らえないけど できたら一緒にだと嬉しいかな。

Re: 思い出しました

> 私も夫を見送ってあげたいです・・・超寂しがり屋の夫なんですよ^^
優しいんですねあっぷるパイさん。
私もこんな風に考えられるようになったのは最近の事です。
夫婦も長くいると不思議ないたわりが芽生えますよね。

思い出しました

叔母の葬儀の日を思い出しました
泣けて泣けて仕方ありませんでした

特に感慨深い思い出があったわけではありません
じっくり話しをしたこともほとんどなかったように思います
でも、故人を偲ぶ皆を見ていて・・・なんでしょう・・・
横たわる身体は二度と起き上がらず、
こうやって人は誰かの中の思い出になっていくんだなあって
・・・そうですね、やはり儚さですかね

私も夫を見送ってあげたいです・・・超寂しがり屋の夫なんですよ^^
非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ぐりぐら

Author:ぐりぐら
根性なしの私ですが
日々の記録として
綴ってまいります。

最新記事

カテゴリ

リンク

最新コメント

ブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。